株式会社MIP

ブランド品リペアメンテナンスの実績【レボラボ】

LINEで簡単見積 フォームで簡単見積

ブランド品リペアメンテナンスの実績【レボラボ】

ブランド品リペアメンテナンスの実績【レボラボ】

2021/08/09

【素材】ラムスキン(仔羊革) 【カラー】ブラック×ベージュ

CHANEL(シャネル)/ココマーク レザーロングウォレット

Before 01

正面全体画像

革部分全体的に経年の薄汚れと色あせ、部分的に擦れ剥げ・白い汚れ、ココマークに黒ずみ、角縁に革の破れがございました。

After 01

【リペア・メンテナンス内容】
・シャネルラムスキン専用メンテナンス
①全体クレンジング
②保湿・栄養補給
③角縁の破れ補正
④トータルカラーリペア(革全体補色補修)
⑤革表面のお磨き(艶出し)

始めに全体的な経年の汚れを落とすためのクレンジングをさせていただき、次にラムスキン専用のクリームで保湿・栄養補給の下処理をしっかりと行いました。

その後、縁周りの革の破れダメージを補修するため、破れ補正(接着補修・パテ整形など)を施し革表面を整形した後に、シャネルブラックの補色染色を施させていただきます。

シャネルブラックとベージュカラーを調色作成して、革表面のダメージを補修しながら全体的なお色の統一感を整えさせていただき、最後にラムスキン特有のマットな艶感を戻すためのお磨きをさせていただきお仕上げです。

Before 02

フラップ(蓋)内側部分画像

内側には、経年の薄汚れ・色あせと細部に表と同じ様な白い汚れ、縁周りにも若干擦れのダメージが確認できました。

 

After 02

【内側リペア・メンテナンス内容】
①After1と同じ補修内容

フラップ内側には、シルバーの「CHANEL」刻印が施されておりますので、このロゴに干渉しない様に内側にも同じ様にメンテナンスを施させていただきました。

【リペア・メンテナンス総括】

シャネルのラムスキンは、非常にキメ細かく繊細な皮革のため、ラムスキン特有の柔らかな質感を損なわない様にと開発したシャネルラムスキン専用のメンテナンスで質感を重した染色方法で対応をさせていただきました。

この様に比較して見てみるとブラックカラーでも経年でこれほど退色していることがわかりますね。ベージュカラーの革は、退色よりも黒ずみが目立っておりましたが、表面の革のシボの表情を損なわない様に黒ずみの補修をすることができました。

やはり永くご愛用いただくためには、ダメージが進み過ぎる前の定期的な補修が大切だと再認識させていただけた印象的なメンテナンスとなりました。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。